自民党の元幹事長で、官房長官などを歴任した野中広務氏が、官房機密費が与党の政治家などのほか、「言論活動で立派な評論をしておられる人」にも、「盆暮れのお届け」として配られていたことを証言して波紋を呼んでいます。野中氏は具体的に機密費を配った相手は明らかにしていませんが、一部のマスメディアの追及で、何人かの「評論家」が受け渡しを認めています。事態は国民の税金で政府に都合がよいよう、世論が操作・買収