宮崎県の口蹄疫問題で政府が打ち出した方策は全頭処分。大村正樹リポーターによれば、都農、川南、高鍋、新富の4町を中心とする10キロ圏の約20万5000頭を、ワクチン接種したうえで殺処分するという。ワクチン接種はウイルスの感染拡大を抑えるため。これだけの頭数を埋める場所もおいそれとは見つからないし、人員、重機などの手配も容易ではない。時間稼ぎをしなければならないのだ。 朝から晩まで