イタリア・トリノで開催されたフィギュアスケート世界選手権では、浅田真央が合計197.58点を獲得し、2年ぶり2度目の優勝。バンクーバー五輪金メダリストのキム・ヨナは合計190.79点の2位に終わった。特に、初日の演技でジャンプとは関係ないところでもミスを連発して、7位と出遅れたキム・ヨナ。女王に一体何があったのか――、27日放送の日本テレビ「SUPERうるぐす」は、キム・ヨナの失速について、韓国の記者達にインタビューを