2010年3月20日付の米紙ニューヨーク・タイムズによると、米下院のある公聴会で、ある中国人学生が発表した論文が「米国の小型電力ネットワークをいかに攻撃するか?」を説いているとして話題になっている。一部の議員は「これを利用して電力ネットワークが攻撃されるのでは」と心配しているという。24日付で環球時報が伝えた。記事によると数年前、中国・広東省から米国の電力ネットワークへの侵入事件が発生したと報じられた影響