省エネルギーと地球温暖化を防止する切り札として各方面から注目を集めている「燃料電池」が、ついに一般家庭へ普及しようとしている。新日本石油と三洋電機が合弁で設立したENEOSセルテックは2009年7月1日、家庭用燃料電池「エネファーム」の出荷を開始した。・ENEOSセルテック製 「エネファーム」の出荷開始 - 新日本石油またアキュラホームは、家庭用燃料電池「エネファーム」を搭載した住宅を1460万円から販売する。・アキュラ