動画共有サイト「YouTube」に、ヘリコプター「UH−60J」の驚異的な操縦シーンを収めた動画がアップされている。ヘリを操っているのは、航空自衛隊の救難スペシャリスト集団「航空救難団」のパイロット。愛知県渥美半島の赤羽根漁港で撮影されたもので、左右の車輪幅との余裕がわずか50センチの岸壁に着陸を試みている。万が一、車輪が岸壁を踏み外したら…と考えると手に汗握る映像だ。実はこれ、4月24日に