これまでに「通信と放送の融合」というキーワードに象徴されるように、インターネットや携帯電話経由でのコンテンツ配信がメディア・コンテンツ産業の構造変化を促すと考えられてきた。しかし、実際にはテレビ局を頂点とする産業構造は大きく変化したとは考えづらい状況だった。ここにきてテレビ広告市場の低迷からテレビ局の番組制作費が減少する一方、通信によるコンテンツ配信の加速、という方向性が鮮明になりつつあり、産業