この度の大暴落で、頭を抱えている個人投資家の方もいらっしゃるかもしれません。損は出していなくても、なんとなく新たには買いにくいムードもあるかもしれません。しかし、大暴落であっても、日々の商いは行われています。そして数少なくても、値上がり巾は小幅であっても、値上がりする銘柄もあるのです。今回は、こうしたタイミングでも、ブレイクする可能性をもつ、「商品力のある銘柄」を見つけるための情報収集術をご紹介