この春社会デビューする新卒の若者達。「ゆとり世代」の彼らの中には奔放で若々しい、豊かな感性を持つ一方で学生気分が抜けず社会人としての自覚に欠く者も少なくない。甘やかされて育ったために打たれ弱く、社会人としての自覚に欠ける「シュガー社員」。しかし上司側にも部下を鬱病や退職に追い込む「クラッシャー上司」なる者がおり、仕事を円滑に進めるにあたって一番の壁となるのは人間関係だということが見て取れる。まずは