餃子騒動の影に隠れて、大スキャンダルから逃れることができそうだと外務官僚が胸をなでおろしている。1999年のキルギスで発生した日本人拉致事件に関して、アルカイダとつながるテロリストのナマンガニ野戦司令官のグループに日本外務省が巨額の身代金を払っていた事実が明るみに出た。(2月1日asahi.com) この人質解放オペレーションに関して、筆者も情報面で一部関与した。この報道では身代金は200万ドルを超えるとな