福島、和歌山、宮崎・・・。公共事業の入札をめぐる官製談合事件で、現職知事・県幹部職員の逮捕が相次ぎ、暮らしの足もとの政治が大きく揺らいでいる。いずれの事件も容疑段階では、知事が特定の業者に落札させるよう「天の声」を県幹部に発し、知事の後援者が談合の仕切り役や運び役を担い、落札した“外様”の東京の業者から謝礼金などを受け取っていたという構図だ。有権者の一票で地域の未来を信託された知事がなぜ腐敗に