梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込む影響で、東北から西日本では11日、雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れがある。東北や北陸では大雨の峠は越えつつあるが、これまでの大雨で地盤が緩み、少ない雨量でも土砂災害となる恐れがある。気象庁によると、前線は11日、西日本の南岸まで南下する予想で、11日夜にかけ警報級の大雨となる恐れがある。11日午前までに、山口県周南市では24時間降水量が196・5ミリ、島根県出