海上自衛隊の護衛艦が中国の領海を航行していたことが防衛省関係者への取材でわかりました。防衛省関係者によりますと、海上自衛隊の護衛艦「すずつき」が今月4日、台湾北側の東シナ海に位置する中国の領海を一時航行しました。周辺の海域では中国軍の艦艇によるミサイル発射訓練が行われていて、「すずつき」は警戒監視に当たっていたということです。国際法上、船舶には沿岸国の安全を害さず領海を通行する無害通航権が認められ