衆議院は、2日、本会議を開き、菅義偉総務大臣が、地方分権推進法案の趣旨説明を行いました。菅総務大臣は、この法案の基本方針について、「国は、国の役割を重点的に担い、住民に身近な行政はできるだけ地方に委ね、権限委譲を推進し、国庫補助負担金や交付税など財政上の措置のあり方も検討する」と述べました。趣旨説明に続いて質疑が行われ、自民党の林幹雄議員が、安倍晋三総理に、新しい分権の考えについて質問したのに