親だって人間です。反抗期の子どもに悩むのは当たり前。かつては親子で仲良しだったのに、今では険悪な雰囲気ということもしょっちゅうです。いくら反抗期とはいえ、許せない発言はありますよね。ここではそんな子どもに反撃したエピソードを紹介します。母親業を放棄「反抗期の娘ともめて、娘に『消えろ』と言われました。あんまりな言われ方だったので、私も本当に消えたことにして、娘の服を洗濯せず、お弁当も作らないことに。