【AFP=時事】米カリフォルニア州ペタルーマ(Petaluma)で21日、毎年恒例の「世界一醜い犬コンテスト(World's Ugliest Dog Contest)」が開催され、今年はパグやミックス犬などが出場した。34回目となる今年は、5回目のエントリーとなるペキニーズの「ワイルド・サング」がついに優勝。5000ドル(約80万円)を獲得した。この大会では、すべての犬を特別でユニークな存在にする「不完全さ」がたたえられる。【翻訳編集】AFP