鹿島建設(鹿島)は6月21日、森林内の自律飛行が可能なドローンを活用して取得した森林上空と森林内のデータを解析することで、森林を構成する樹種毎のボリュームや樹々毎の位置・樹高などを点群データ化し、評価する技術を開発したことを発表した。森林づくりをトータルサポートする「Forest Asset」の概要○Forest Assetの概要鹿島は今回開発した技術を用いて、自治体や企業などの森林所有者向けに、森林づくり計画の提案から森林