国際宇宙ステーション(ISS)では、運搬コストや限られた在庫スペースの関係上、補給パーツを保管できる種類や数は限られる。万が一、機器故障でパーツ交換の必要が生じた場合、パーツ在庫がなければ、それを地球から取り寄せるとなるとかなり時間がかかることは容易に想像がつく。【こちらも】ISSを襲う「電子の豪雨」の原因を解明極地研や早大の研究このようなリスクの回避策として、ISSでは自前で必要な補給パーツを、3D