スペイン1部で今季6位のレアル・ソシエダが来日して昨29日、国立競技場で東京Vとのフレンドリーマッチを行った。もちろん最大の目玉選手は、日本代表FWの久保建英(22)である。【パリ五輪ココが見どころ】主将の藤田チマとFC東京コンビ荒木&松木の連携が命運を握る主戦場の右サイドFWで先発した久保は、序盤から積極的に仕掛けて何度も東京Vゴールに迫った。ソシエダが1−0とリードして迎えた後半2分36秒にベンチに下がった