昨年9月に2度目の右肘靱帯修復手術を受けたドジャース・大谷翔平(29)が来季開幕からの投手復帰プランを明かした。【続きを読む】“投手”大谷の「球速低下」と「二刀流断念論」との戦い…2度目手術後は“選手寿命激減”と米論文日本時間28日、遠征先のニューヨークで日米の報道陣に対応し、「効率よく投げることがケガの予防にもつながるが、ある程度パワーピッチャーであれば、(故障は)しょうがない部分ではある。そこは