昨季、38年ぶりに悲願の日本一に輝いた阪神タイガースは今季、球団史上初の連覇に挑む。その戦いぶりを、2004〜2008年の第一次岡田彰布政権下で先発投手として最も多くの勝利数を記録した野球評論家・下柳剛氏が分析。当時の経験を織り交ぜた確かな洞察力は阪神ファンならずとも必読だ。前編記事『球団史上初の連覇に挑む岡田阪神を、下柳剛が分析!チーム打率最下位で首位キープ…「打てない主軸」をカバーする「最強投手陣」強さ