俳優の故ブランドン・リーの妹シャノン・リーが、映画撮影現場で実弾銃を使用するのを禁止するよう呼びかけている。映画界のレジェンド、ブルース・リーを父に持つシャノンの兄ブランドンは、1994年の映画『クロウ/飛翔伝説』の撮影中に小道具の銃で撃たれて、わずか28歳で他界した。近年にも『ラスト』の撮影中に撮影監督のハリーナ・ハッチンスさんが射殺されるという事件が起こっており