Image: AI Guided Ltd. 振動が来ない方向へ歩こう。視力の弱い人が行動範囲を広げるために、白杖や盲導犬が使われています。しかし、白杖から得られる情報は自分の周囲70cmほどと狭く、盲導犬は育成から訓練まで長い年月がかかり、お世話にかかる費用・労力も大きな負担です。近年はGoogleマップと連動し、超音波センサーと振動機能を持つIoT白杖といったアイテムも生まれたり、テックの力