半導体製造装置大手のSCREENホールディングス(本社、京都市上京区)が独自に開発した書体「ヒラギノフォント」が、京都市のふるさと納税の返礼品に登録され、寄付が相次いでいる。登録開始から1週間ですでに65件(9月11日午前9時現在)の申し込みがあり、SNS(交流サイト)でも話題を呼んでいる。書体という全国でも珍しい返礼品が、なぜ人気を集めているのだろうか。【写真】読みやすい”文字”と話題ヒラギ