―エヌビディア時価総額「1兆ドルクラブ」の衝撃、生成AI登場で第4次ブームに突入― 世界の株式市場で人工知能(AI)関連株が脚光を浴びている。AI大国である米国の株式市場はその筆頭で、特に画像処理半導体(GPU)大手のエヌビディア はその強気相場を牽引するシンボルストックとして株価の居どころを大きく変えた。5月30日には時価総額1兆ドル乗せを果たし、GAFAMに比肩する存在へとのし上がり大きな話