メディア大手のパラマウント・グローバル<PARA>が上昇。アナリストが投資判断を「中立」に引き上げ、目標株価を14ドルに設定した。 同社のフリーキャッシュフロー(FCF)が赤字であること、伝統的なビジネスが衰退していること、動画配信のパラマウント+はせいぜい4位か5位であるという見解から、同社に対してまだ懸念を持っている。しかし、もはや下振れリスクが上振れリスクよりもそれほど大