静岡市の県道で法面の一部が崩れ、1mの石が道路上に落下したことが3月24日、分かりました。付近の道路は約1か月通行止めとなります。 静岡市によりますと、3月24日午前7時ごろ、静岡市葵区横沢の県道三ツ峰落合線で落石があると、通りかかった人から市に通報がありました。 高さ25mの法面の一部が崩れ、落石防護柵の背面に土砂が堆積したことで重さに耐え切れず、約1mの石が落ちたということです。 落石によりけがをした人はい