今年10月、アメリカの権威ある国際政治経済ジャーナル「フォーリン・アフェアーズ」に、「習近平の弱点狂妄とパラノイアはいかに中国の未来を脅かすか」と題する論文が掲載された。【写真】この記事の写真を見る(3枚)外交関係者の度肝を抜いたのは、その激烈な表現である。「習近平は裸の皇帝である」「この指導者は虚栄心に満ち、頑固で独裁的だ」「中国共産党はマフィア組織」……しかもこの論文の著者は、習近平の元