カタールW杯サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)は5日(日本時間6日)、決勝トーナメント1回戦で日本はクロアチアと1-1で延長に突入し、PK戦の末に1-3で敗れた。試合後には、森保一監督が深々とお辞儀。韓国メディアが画像付きで「切ない」「ファンに6秒間、90度で挨拶」と伝えた。試合後、スーツ姿の森保監督は90度体を折り曲げて一礼。両腕を体の側面にそろえた。表情全体はうかがい知れないが、目は閉じているようだ