【AFP=時事】サッカー元ブラジル代表のペレ(Pele)氏(82)の入院先に4日、100人以上のファンが集まり、サッカー史上最高の選手と広く称されるレジェンドの回復を祈った。ペレ氏は2021年9月に診断された結腸腫瘍の治療のため、先月29日からブラジル・サンパウロ(Sao Paulo)市内で入院。その後、呼吸器感染症を発症したことが病院から発表されている。入院先の医師は3日、ペレ氏の容体は「安定」しており、「治療によく反応