非行少年の保護者には、親としての責任感に欠けた人々がいる一方で、子どものために一生懸命やってきたという人も少なくありません。出口保行氏の著書『犯罪心理学者が教える 子どもを呪う言葉・救う言葉』(SBクリエイティブ)より、親の「よかれと思って」が子どもの非行・犯罪につながる理由を見ていきましょう。非行少年の親たちから何度も聞いた「よかれと思って」親は子どものためを思って、「ああしなさい」「これはしては