2022年12月1日、韓国・中央日報が「韓国対ポルトガル戦の主審に1試合でレッドカードを10枚出したことのある審判が割り当てられた」と伝え、韓国のネット上で注目を集めている。記事によると、3日0時から行われるサッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)グループリーグH組第3戦韓国対ポルトガル戦の主審に、アルゼンチン出身のファクンド・テーロ氏が割り当てられた。今回の試合は韓国代表にとって決勝トーナメント進出の可否が