「ゴダールが麻薬漬けになって撮ったようなスリラー」とも評された映画史上唯一の養鶏サスペンス『殺しを呼ぶ卵』(68)の最長版が12月2日より公開。卵をモチーフとした様々な物販が解禁となった。『情無用のジャンゴ』のジュリオ・クエスティ監督が、巨大養鶏場を舞台に人間の果てなき欲望や資本主義の非情を、実験的な映像も交えて描いた本作。このたび上映される最長版には、60年代公開当時の国際版には無かった残酷シーンや異常