Googleと多数の州のあいだでプライバシーをめぐる画期的な和解が成立したが、業界がますます詳細な調査にさらされるなか、今後も位置追跡には監視の目が注がれ、恐らく法廷闘争が増えるだろうとの声もある。Googleと40州の司法長官は11月14日、同社にとって法廷闘争での過去最大の支払い額となる3億9200万ドル(約550億円)での和解を発表した。また同時に各州は、データ収集方法開示へのさらなる変更も求めている。オレゴン州とネ