おととし、福岡県篠栗町でママ友の女と共謀して5歳の息子を餓死させた母親の懲役5年の判決が確定しました。判決によりますと、無職の碇利恵被告はおととし4月、ママ友の赤堀恵美子被告と共謀し、5歳だった三男の翔士郎ちゃんを餓死させました。裁判で弁護側は赤堀被告に生活全般を支配されていたとして、執行猶予付きの判決や刑の減軽を求めていましたが、1審の福岡地裁は碇被告に懲役5年の判決、2審の福岡高裁も碇被告の控訴を棄