青蔵高原西部の湖面上昇、地下水流入が原因研究で判明研究対象エリアにおける水循環の概略図。(資料写真、北京=新華社配信)【新華社北京11月24日】中国青蔵高原西部の湖で、地下水の流入により冬季結氷期の水位が大きく上昇し、水位の季節変動や経年変動の特徴に顕著な影響を与えている可能性があることが、中国の研究者の最新研究で判明した。同高原西部の水循環プロセスと湖の変化の原因に対する理解を深めるのに役立つ