政府は24日、「新しい資本主義実現会議」の「スタートアップ(新興企業)育成分科会」を首相官邸で開き、新興企業の育成に向けた5カ年計画案を示した。現在、年間8000億円規模の国内の投資額を、5年後の2027年度には10兆円とする目標を掲げ、実現に向けて、税制面での支援や資金供給の強化などを図る。岸田文雄首相は会合で、計画の実行を通じて「日本をアジア最大のスタートアップハブにする」と強調した。岸田