新潟市水道局職員だった男性=当時(38)が2007年5月に自殺したのは上司のパワハラなどが原因として、遺族が市に約8000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、新潟地裁であり、島村典男裁判長は市に対し約3500万円の支払いを命じた。島村裁判長は、男性が07年4月中に終える必要があった業務を終えられず、上司からの叱責を恐れて精神的に追い詰められ、自殺を決意したと指摘。必要な指導を怠るなどした