サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で日本代表がドイツに逆転勝利した23日の試合で、元日本代表の本田圭佑選手によるネット中継での選手起用に関する解説と読みが的確だったと注目されている。前半、日本代表が最終ラインを4人で守る「4バック」でドイツに押された状況で0−1とリードを許すと、「(直前のカナダ戦で)3−4−3で機能したんで、シフトすればいい。できないのかな」と最終ラインを3人にする「3