物価高の中、安い値段を維持しているもやし業界が、悲鳴を上げている。30年前と比べると、原料種子価格は3倍以上となり、従業員の賃金も上昇。にもかかわらず、もやしの全国小売価格は2割以上も下がり、店頭では今も1袋30円前後が多い。生産者たちは「もう限界。持続可能なサプライチェーンのために窮状を理解してもらいたい」と訴える。11月11日は「もやしの日」。【写真】日経新聞に掲載された広告、もやし業界の窮状を切に訴