江蘇省で22日、世界2匹目のクローンホッキョクオオカミ「ハル」が、ビーグル犬を代理母として誕生した。現在の健康状態は良好。科技日報が伝えた。絶滅危惧野生動物を救い、生物多様性の発展を保護するため、北京希諾谷生物科技(希諾谷)とハルビン極地公園は2020年に、ホッキョクオオカミのクローンの研究協力を開始した。クローンホッキョクオオカミのドナー細胞は、ハルビン極地公園の野生ホッキョクオオカミ「マヤ」(メス)