今月6日、深い森の中を歩く白いクマの姿を定点カメラが捉えて話題を呼んでいる。このクマは北極圏などに生息するホッキョクグマではなく、一般的に黒や茶色い被毛を持つ種と推測されており、白い被毛を持つクマは確率にして100万頭に1頭という非常に珍しいケースということだ。『FOX Weather』などが伝えている。【この記事の他の写真を見る】珍しい白いクマが現れたのは米ミシガン州北西部アッパー半島で、猟師が設置していたエサ