日本では現在、死刑の執行を当日朝、本人に告げている。事前に告げると「心情の安定を害する」という理由からだ。こうした運用は、適正な手続きによらなければ刑罰を科されないことを定めた憲法31条に反するとして、死刑囚2人が大阪地裁に裁判を起こしている。2日前に告知され、執行されるまでの死刑囚の肉声が入ったテープが近く証拠提出される予定だ。肉声は1955年2月、当時の大阪拘置所長の故・玉井策郎さんがテープに録音