【AFP=時事】ウクライナ国防省のキリロ・ブダノフ(Kyrylo Budanov)情報局長は22日、ロシアとの捕虜交換で解放されたウクライナ人の多くに拷問の痕跡が見られると明らかにした。ウクライナは21日、ロシアとの捕虜交換で、侵攻が始まって以来最多となる215人が解放されたと発表。南東部マリウポリ(Mariupol)のアゾフスターリ(Azovstal)製鉄所に立てこもり、抵抗の象徴となった戦闘員も含まれていた。ブダノフ氏は記者会見