コンビニ大手のローソンが画面上の分身「アバター」を接客に導入します。ローソンはアバター事業を手掛ける「AVITA」と協業してアバターによる接客を店舗に導入していくと発表しました。客の困りごとへの対応や商品の説明などを想定していて、11月に都内にオープンする予定の未来型店舗「グリーンローソン」に実験的に導入します。2023年度には東京・大阪の10店舗に広げ、2025年度には全国500店規模での展開を目指すという