10月召集予定の臨時国会で実施が見込まれる安倍晋三元首相の追悼演説をめぐり、安倍氏の国葬(国葬儀)に参列を表明した立憲民主党の野田佳彦元首相の「待望論」が広がりつつある。自民党は甘利明前幹事長が行う方針を崩していないが、岸田文雄内閣の支持率が続落するなか、党内に反発もある甘利氏をそのまま起用することに懸念も強まっている。自民の高木毅国対委員長は22日、国会内で立憲民主党の安住淳国対委員長と会談し、