【AFP=時事】カタールの衛星テレビ局アルジャジーラ(Al Jazeera)の記者がパレスチナ自治区で取材中に撃たれ死亡した事件をめぐり、イスラエル軍は5日、最終調査報告書を公表し、自軍の兵士が記者をパレスチナ武装勢力と間違えて撃った可能性が高いと、初めて認めた。米国籍を持つ著名パレスチナ人記者のシリーン・アブ・アクレ(Shireen Abu Akleh)氏は5月11日、ヨルダン川西岸(West Bank)のジェニン(Jenin)難民キャンプ