【AFP=時事】アフリカ南部ジンバブエで、約2億3000万年前に生息していたアフリカ最古の恐竜の化石が発見された。古生物学者らのチームによると、ムビレサウルス・ラーティ(Mbiresaurus raathi)と名付けられた恐竜は長い尾を持ち、体高わずか1メートルほどで、体重は最大30キロ。ムビレサウルス・ラーティの名は、化石が発掘されたジンバブエ北東部ムビレ(Mbire)郡と、域内で最初に化石を発見した古生物学者マイケル・ラー