【AFP=時事】タイの憲法裁判所は24日、プラユット・チャンオーチャー(Prayut Chan-O-Cha)首相の任期が過ぎているとの野党からの訴えについて、判断を下すまでの間、職務を停止するよう命じた。プラユット首相をめぐっては、野党などが2014年のクーデターで首相の座に就いたことから、任期を8年までとする2017年憲法に反しているとして訴えている。任務が停止されている間の代行は、プラウィット・ウォンスワン(Prawit Wong