墨田区の水泳・介護用品メーカー「フットマーク」が、性別にかかわらずデザインが同じ水着「男女共用セパレーツ水着」を開発した。今まで体型を隠すためのスクール水着は開発されていたものの、男女で兼用できるサイズや形の商品はなかった。性別の違いによる水着の選びにくさを少なくし、体のラインや性別を気にせず水泳の授業に参加できることを狙いとしている。2022年度は3校が導入予定で、30校が2023年度の導入を検討して